ギターの調整について

神田商会オンラインストアでは、商品を出荷する前に検品をしています。

特にギターは、工場出荷時のセッティングがあまり良くなかったり、ネックの状態が変化したりでコンディションが常にベストというわけではありません。
検品してみると、ほぼ全てのギターになにかしら調整の必要なポイントが出てきます。

そこで今回は、神田商会オンラインストアではどのような検品、調整を行っているかお話してみようと思います。

まず最初は、外観のチェックです。
目視でヘッドの先からボディの下まで、おかしな箇所がないかチェックします。
ここでキズや打コン、塗装の不良部分などが見つかった場合、「訳ありお買い得商品」として少し値段を下げてオンラインストアにアップしたりします。

次はアンプにつないで音出しをします。
極稀に新品なのに音が出ない!なんてものも出てくるので、その場合は配線をチェックします。

そして次はチューニングしてネックの状態を見ます。
温度や湿度、保管方法などでネックの状態は結構変化するので、ここは結構重要なポイントです。
トラスロッドの調整でベストな状態になれば問題ないのですが、ダメな場合はフレットのすり合わせをします。
それでも直せないものは残念ながらボツです。涙

その次に弦高を調整します。
弦高は高め、低めと好みもあるとは思いますが、当店では物にもよりますが、だいたい12フレットで6弦が1.5mmぐらい、1弦が1.2mmぐらいと結構低めにセッティングしています。

次にピックアップの高さをチェックします。
最終フレットで弦を押さえた状態で、弦とピックアップの距離が6弦側で3mm、1弦側で2.5mm~3mmを目安にセッティングして、あとはフロントとリアや、1弦側と6弦側の音量の差を確認しながら微調整したりします。

その次にオクターブチューニングです。
これは人によってやり方が違ったりするのですが、当店では12フレットのハーモニクスと12フレットを押さえた実音の差をチェックして、ブリッジサドルを前後させて調整します。

最後にトグルスイッチやボリューム、トーンなどを動かしてみて、ガリや音の途切れがないかをチェックして、もし何か問題があれば修正して完了です。

 

調整のやり方やチェックするポイントなど、人によって多少違うとは思いますが、当店ではこんな感じで検品、調整をしたギターを出荷していますので、安心してお買い物していただければと思います。

今後とも神田商会オンラインストアをよろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

4 × 5 =